XL23.com運営日記
ブログ漬け&サイト収入⇒RO中毒な生活を停止し不定期更新になったブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
批判文ですが何か? 第一回「延期」
 ・・・延期します

 何かを批判するのは次週からにします。

 「第一回目から延期というのも面白いな・・」と自分的には少し満足しています。


 ・・・・・。

 
 友人に「何を批判すれば良いかな?」と聞いたら「まず批判しようと考えて、それから批判する対象を探す自分自身のいい加減さを批判すれば良いんじゃないかな?」と言われたのがつい昨日

 が、「そんな事は百も承知」「というかそういう書き方にしないと無責任さが伝わらない」「糞真面目に批判したところで面白くないし」なので、知ったことではないです。

 で、今日はネタが無いので本気で「自身の批判」を始めようかとも思ったのですが、「自身の批判はいつもしている」「自分をネタにしても興味が集まらない」「第一、自分には批判されることなんて一切ないもん!」なのであきらめました。


 という訳で「批判する事が無い」のです。

 批判する事が無いのは良い事です。

 厳密に言えば「批判したいものはあるが、それを批判する知識が足りない」のですが・・。


 テレビを付ければ「ネタが無いマスコミ」がまた「公務員の酒飲み運転の話」を持ち出して「何故無くならないのか!!」と「自分は関係ないぜ!」「酒飲み運転する奴は人間じゃない!」みたいに話していましたが、私はその件については一度書いてしまったので「羞恥心の欠片も無いマスコミのような厚顔なプレー」はしたくないです。

 同じ話をひたすら持ち出してくどくど語るのは「戦時中の話をする老人だけ」で十分です。

 マスコミはそういう老人相手に番組を作っているので、仕方が無いと言えば仕方が無いですが・・・。


 と、これは「さりげなくマスコミ批判」をしている訳ではないです。

 単に「自分自身は潔癖!」「無批判に受け入れろ!」みたいな口調が聞いていて不快なだけです。



 さて、批判は「知識がない人間がやると悲惨な事になる」「それは見ていてとても恥ずかしい」ので、慎重にやらないといけません。

 知識がない人間がしようとしても「ただの中傷」に、行動力が無い人間がしても「ただの愚痴」になりがちです。

 批判は誰が見ても「!!!!!!」というものでない限り、

 
 おかしいなと疑問を持つ → 色々調べる → やはりおかしい → 批判


 と、自身が本当に知識がある分野で無い限りは上記のようなプロセスが必要で「あいつむかつく→なんとか理屈を付けて批判」してもそれは「批判ではない」です。

 そして、こういうプロセスを用いたところで、批判だけで終わらせると「負け犬の遠吠え」「何の役にも立たない」「無責任なマスコミと同じ」なので、私としては「批判→解決策の提示」というのが必要だと思っています。


 「解決する気がないなら騒ぎ立てるな!」「愚痴を言うな!」「相談に来るな!」「文句だけとか意味分からん!

    
 と、少々「私的な文句」も含めたところで、「来週からはそういうどうしようもない批判記事を書くつもりですよ!」ということを宣言しておきます。


  
 で、私の一方的なライバルのきっこさんは今日も元気に批判しております。

 厳密に言えば「批判」ではなく「非難」で、「気に食わないものはこの際全部文章に組み込んでしまえ!」という「きっこ氏らしい文章」でした。

 もっともらしい根拠があれば非難も批判に聞こえてくる。


 「もっともらしい根拠で説得力を強化したとんでもない発言の数々

 それがきっこのブログの醍醐味です。

 

 騙されるんじゃないぞ!!



 情報なんてものは、ほぼ間違いなく「おかしな話」が含まれています。

 情報発信元が「公的機関」「その分野のスペシャリストっぽい人」「聡明に見える人間」でもです。


 「ふーんそうなのか・・」と盲信する人間があまりに多いので、私が「いや、そんな話はおかしいし」と「誰にでも分かるように書く」事で、「情報はうかつに信じちゃいけないな!」「自分でよく考えないと!」という人が一人でも増えれば良いと思っています。


 と、無理やりカッコ付けたところで明日の準備に取り掛かります。


 明日の記事は手強いです。はっきり言うと悩みの種です。「批判文ですが何か?」を延期にしたのは、それのせいも結構あります。

 どういう内容かはブログの横の「番組(のようなもの)表」を見てください。

 
 ※もしよければ投票をお願いします。


 → 

(※きっこのブログはここ↓の1位です。知らない人が読んでる事を考え念のため)    

 →  

 
 それではまた明日。



Date : 2006.09.12 Tue 23:04  運営日記です。たぶん| コメント(-)|トラックバック(-)
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。