XL23.com運営日記
ブログ漬け&サイト収入⇒RO中毒な生活を停止し不定期更新になったブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
ブログを読んでいる場合じゃないですよ!
 ※今日でラグナロク一本で記事を書いてジャスト2週間。予定ではラグナロクの記事を書くのは今日まででしたが、延長戦に入ります。
 

 という訳で、アイテムドロップ率2倍です。


 皆狩場で「2倍!2倍!2倍!」とやっている時期に、悠長にブログを読んでくれる人がいるのか知りませんがとりあえず書きます。

 私としても記事を書いている場合では無いのですが、毎日書いているのをやめる訳にもいきません。



 適当に書いてさっさと狩場に行かないと・・



 で、起きた後に「この命尽きるまで狩るぜ!!」と物凄い気合でログインしようとしたところ、接続が出来ない

 ラグナロクにだけではなく、インターネットへの接続そのものができない。

 「あぁ!?ぶち壊すぞこのポンコツPC!!」と熱狂的な阪神ファンが阪神が負けた時のように一人で怒鳴りだしたところ、しばらくしたら接続できた。

 単に無線LANの調子が悪いだけだった。


 接続ができない間に「少し落ち着かないと・・」とテレビを付けてたら、高校の頃の数学の教員がテレビに出ていた。

 どうやら少し前にマスコミが騒いだ「必修逃れ」がバレて、数学以外の教科を教えているらしい。



 やはりか・・・。



 とりあえず、同じ高校の出身者に「○○テレビに出てるぜ!!」と電話をしてみた。

 薄々感づいてはいたが、やはり自分の出身高校も必修逃れをしていたようだ。

 この時期に高校3年が重なった人は運が悪い。


 とも思ったが、あの教員の授業は「専門の数学でさえ授業を聞いている奴がほとんどいなかった」ので、何の授業をしようが別に変化は無いはず。

 マスコミの演出は非常に上手い。人選がベストだ。あいつは教科書どおりの無難な事しか言わない。
 
 もう一人の数学の教員にインタビューをすれば「ぶっちゃけた話」「面白い話」が聞けただろうに・・・。


 必修逃れなんぞは進学校にとっては当たり前の事だったはず。

 過去に難関大に進学したやつのほとんどは必修逃れをしているのに、現在の高校3年生は補習なるものでこの大事な時期に進学に全く関係ない時間を使う事になる。


 補習をした場合は、多少なりとも合格率に響くであろう。

 仮に全ての高校に調査が入って、全ての高校が補習を行っていれば別だが・・・。

 結果「調査が入って仕方なく補習をしている高校」と「従来どおりの合格の為のカリキュラムを行っている高校」、そして「過去と現在」に不公平が生じる。



 過去と現在の不公平。



 本来、これは細心の注意を払って徐々にもたらされるべきもの

 だが「高校の必修逃れ騒動」以上に「過去と現在に急激に不公平を生み出したもの」が存在する。



 それがアイテムドロップ率2倍



 人類が誕生してから200万年。

 その時間から考えれば、人の一生などほんの一瞬でしかない。


 アイテムドロップ率2倍の期間は僅か1週間

 これは「ほんの一瞬でしかない人の一生」のなかでも「ほんの一瞬


 まさに刹那


 
 There is no time to be lost!!


 
 行ってきます!!



 ・・・・・。


 さて、実は私は今日が誕生日なのですが「特に変わった事は無い」です。
 
 日頃遊んでいる人達は「私を暇つぶしに誘うだけ」で「誕生日を祝おう」という事はしてくれません。

 何が悲しいかというと「落ち込むどころか、アイテムドロップ率2倍で喜んでいる」という事です。


   
 ありがとうガンホー!!

 最高のプレゼントだ!!



 という訳で、もしよければ「哀れな・・」と投票をお願いします。

 
 → 


 そういえばついに例のカボチャ帽子を外しました。

 まだALL+2の効果は持続していますが、さすがにあの頭が嫌になって来て・・・。

 最近カボチャ頭が減ってきたので、おそらく私以外にも見限った人は多いのでしょう。

 
 で、あの帽子を外した後だと「どんな頭装備でもそれなりに見える
     
 という訳で「ある意味期間限定に相応しいアイテムだった」と、そういう気もします。

    
 それではまた明日。



Date : 2006.11.07 Tue 21:28  運営日記です。たぶん| コメント(-)|トラックバック(-)
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。