XL23.com運営日記
ブログ漬け&サイト収入⇒RO中毒な生活を停止し不定期更新になったブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
これは凄い事なのでは??
 ※ラグナロク記事35日目。風邪が悪化してきた。無理をして狩りをしていたので仕方が無い。定期メンテナンスが体調的には助かった。ログインできないのはどうしようも無いので、しぶしぶ休めた


 <公式サイトより>

 [重要]GungHo-IDおよびアトラクションIDの登録制限について日頃より、弊社のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

 弊社はこれまでにユーザーの皆様が楽しくゲームを遊んでいただけるよう、不正プログラムの防止をするなど、様々な対策を行ってまいりました。

 しかしながら現在でも、不正利用を目的とした日本国外からのID登録を確認しており、弊社ではこの状況を重く受け止め、このたび日本国外からのGungHo-IDおよびアトラクションIDの登録を行えないよう制限させていただくことといたしました。

 ▼実施日時
 2006年11月28日(火)15:00より

 ▼対策内容
 上記日時以降、日本国外からGungHo-IDおよびアトラクションIDの登録、ならびに簡単登録から正式登録への移行手続きが行えなくなります。

 なお弊社では、不正利用を目的とした日本国外からの接続に対しては、状況に応じて今後も段階的に制限範囲を拡充させることを予定しており、対策の強化や調整を随時実施してまいります。

 ユーザーの皆様には、上記対策へのご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。

 <コピーここまで>
   

 自分はラグナロクの現状をまだよく知らないのだが、ガンホーがあまり役に立たない事と、BOTアカウントハックには「中華」が絡んでいるらしいという事は知っている。

 実際、ゲーム内には日本人が付ける名前とは思えないようなBOTが多数おり、昨日も海底洞窟B4にその類のBOTがいて「ここにはしばらくいなかったのに」と思っていたらエラーで強制終了した。


 廃坑伊豆はBOTが多いので行きたくない。

 生命の危険が無くグダグダ狩れ金銭効率が良いので好きなのだが、BOTと同じ場所で狩りをするのは不快でしょうがない。


 蝿で飛ぶタイプはそれ程腹が立たないが、近寄ってきてドロップ品を奪うタイプ最悪

 廃坑は特にその手のBOTが多いので(モンクとかローグとか)、いくらスケワカが美味しくても近づけない。

 BOT使用者も美味しい狩場だから放っているのだろうが。
 

 ・・・・・・。

 
 
 さて、 

 <日頃の感謝の気持ちを込めて!ラグナロクオンライン 4th アニバーサリー開催!! > という事らしい。 


 色々なキャンペーンもしているようだが、日本国外からの登録制限が何より嬉しい。

 変なモンスターを放つより、経験値2倍とかにしてくれませんか。


 何にしろ、これで今後のBOTは国内と判明する。

 中華っぽい名前は結構見かけるので、絶対数は減るはず。

 で、一体どれくらいの割合が国内なのだろうか。


 先程ログインしてみたところ、コモドではBOTが確認できず、モロクに10体ほど「未来のウザイBOT達」になるべくノービスが生息していた。    

 「全然変わってねぇ・・」とは思ったものの、伊豆の2階にいなかったのはびっくりした。

 (※伊豆へはエラーで強制終了するのを期待して行った。つまりブログのネタにするつもりで行った。)

 あそこは自分の中で「常時BOTゾーン」で、メンテ直後でもよく見かけていた。


 一体それらしきを見つけ、BOTかどうかを確かめる為に奇怪な行動を取ってみたところ、誰かが操作している事が判明した。

 誰も見ていないと思うと人は大胆になる。BOTと踏んで自分の取った行動が恥ずかしい。

 文章にするのも恥ずかしいので、勝手に想像してください。



 思い出したくも無い。



 さて、そろそろ「新生BOT達」が続々と姿を現す時間帯。 
 
 あまり期待せずに再びログインする事にします。


 風邪薬と頭痛薬をエスカップとリポビタンDで流し込んだので、きっと戦えるはず。

 具合が悪いのは気のせいだ。

 昨日から今日にかけてレベル90の「0%→50%

 明日の記事ではレベル91になったという事を書きたい。



 という訳で、行ってきます

 もしよければ「なぜそんなに必死に・・」と投票をお願いします。


 → 

    
 メンテの最中にもるひ氏のブログ熟読した。

 最近ラグナロクの話をしていないものの、過去記事の「頭のネジの外れっぷり」があり得ない。



 感動した。
    

 
 氏のブログのCategoryの一番下にある「極LUKプリひねり (4)

 もはや人間の為す所業とは思えない


 ネタを頭の中だけで完結し、サイドワインダーCすらケチっている自分が恥ずかしくなった。 

 自分がいかに贅沢な事で悩んでいたかがよく分かった。

   
 あの珍ステに比べれば、自分のアサが凄く生温く思える。

 育成には風邪を引いているくらいで丁度良い。


 さていくか!!


 それではまた明日。



Date : 2006.11.28 Tue 20:41  運営日記です。たぶん| コメント(-)|トラックバック(-)
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。